カウネットカタログの法人お申込窓口

tel

fax

カウネットカタログの法人お申込窓口

緑茶リーフテイスティングチャート

これ、みたことありますか?

tea1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、緑茶リーフのテイスティングチャートです。

 

私、これ見たとき、ちょっと感動しました。どんだけ、ユーザー目線なのよと!!

 このチャートにのってる商品は、全てカウネットで購入できるのはもちろんですが、なにせこれ、カウネット調べなんです。

 このチャートをみながら、季節や時間、ご来社されるお客様の好みに合わせて、お茶を出す。

こんなことされたら、私がお客様なら、「惚れてまうやろ~~~~」と言いたくなります。

 

さらにおいしいお茶を出して頂くために、カウネットで扱っているお茶の特徴も書いておきますね。

 ・     深蒸し茶

 コクがありまろやかな味わいで、渋みが少なく、水色は深緑色

 

・     中蒸し茶

 バランスが良い、しっかりした味わいでほどよい渋み。水色は黄緑色

 

・     浅蒸し茶

さわやかですっきりした味わいで渋みがある。水色は黄色

 

 さらにさらに、お茶の旨みを楽しむ入れ方も書いちゃいます。

 tea2

 

 

 

1.お茶の旨みを楽しむ淹れ方

上級煎茶は旨み成分(アミノ酸)を豊富に含むため、渋みを抑えて旨みを十分に引き出すよう、低温で淹れます。

 ①     茶葉の量は少し大目で約4g(ティースプーン2杯)

②     湯温を下げるために、お湯を一度茶碗に移す(お湯の温度:約80度)

③     浸出時間は30秒~40秒。浅蒸しは長めに、深蒸しは短めにします

④     何回かに分けて少しずつ注ぎ、徐々に急須を90度おじぎするようにして、最後の一滴まで注ぎきります。このとき、均等に分けます。

 

2.香りを引き出し、さっぱりとした渋みを楽しむ淹れ方

品質上、上煎茶に比べると旨み成分(アミノ酸)が少なめで、渋み成分(カテキン)を多く含むため、香りと適度な渋みを引き出します。

①     茶葉の量は少し大目で約6g(ティースプーン3杯)

②     ポットのお湯を直接急須へ(お湯の温度:約95度)

③     浸出時間は20秒~30秒。短時間でさっと淹れると雑未が少なくおいしく入ります。

④     何回かに分けて少しずつ注ぎ、徐々に急須を90度おじぎするようにして、最後の一滴まで注ぎきります。このとき、均等に分けます。

 

3.玄米茶・ほうじ茶を楽しむ入れ方

①     茶葉の量は、玄米茶が約5g(ティースプーン3杯)、ほうじ茶は3g(ティースプーン4杯)

②     ポットのお湯を直接急須へ(お湯の温度:約95度)

③     浸出時間は約30秒。長めにすると味が濃くなります。

④     何回かに分けて少しずつ注ぎ、徐々に急須を90度おじぎするようにして、最後の一滴まで注ぎきります。このとき、均等に分けます。

 

ではでは、おいしいお茶をお楽しみください。

カウネットカタログのお申し込みはコチラ